近頃PCやスマホの普及により毎日目を

近頃、PCやスマホの普及により毎日目を使い過ぎてしまいがちです。自分でも気づかないうちに眼精疲労になっている方もとても多いのではないでしょうか。
放置すると、視力の低下、頭痛、肩こりなど全身の不調の原因になりえます。
女性の場合目の下の隈や血液の流れが悪くなり、美容面でも気になるものです。眼精疲労を感じてからでは遅いのです。感じる前に目を休めることが重要なのです。
もともと視力がいい方なので、今日まで目を労わることについて考えなかったのですが、最近、パソコンやスマホの見過ぎで目の疲れを感じるようになりました。年齢的には徐々に老眼鏡が必要となるころですが、なるべく視力を落としたくないので、長時間目を酷使するのを避け、それなりな間隔で優しく目を閉じたり遠くを見るようにするなど、意識して行っています。
難しいことではありませんが、それだけでも効果があるそうです。
この頃は頻繁にスマホを使うので、ゲームなどで長い時間使用すると目に違和感を覚えます。眼精疲労だということを知りました。症状が悪くなれば、肩こりや頭痛を引き起こす要因だそうです。
目がショボつくときの対策に、対策方法として自分はツボを押すようにしています。
晴明という部分の目頭と鼻の先の間を摘まむように押さえるのですが、そうするとこれが一番効果があり目の疲れがスッキリします。
いつも使用しているコンタクトレンズを買い替えようと眼科へ行き、受診したところ緑内障と白内障と診断されました。先生は年齢を重ねたら、眼科検診に行った方が良いと。
人間ドッグでは分からないそうです。
目も臓器の一つですから、使用していると段々、何らかの障害が出てくるのだと。
中でも白内障は年齢を重ねるごとに発症する確率が高くなり、早期発見と早期治療が大事だといわれました。
現在は、毎月先生の診察を受診しています。
目が見えないというのは非常に最悪な事です。知人に白内障の患者がいます。
私も以前、落ちてきたはさみか何かに当たって目を怪我してしまい、少しの間眼帯を使用していたことがあります。その時のようにならないように日頃から注意しなければいけません。
危険なものは高いところに置かない、危険な置き方はしないようにする、気分転換などして目が疲れないようにするのもいいですね。
眼精疲労になってしまう原因はパソコンやスマートフォン等のLEDディスプレイから放出されるブルーライトです。スマホが浸透したことで、若年層でも眼精疲労になやんでいる・・・とよく言っていますね!早く治したい!というのでれば、ディスプレイに「ブルーライトカットフィルター」を貼り付けて、「pcメガネ」を掛ける事で対策する事ができます。私も以前目の疲れに悩みましたが、上の2つを実施し出してから症状が緩和しました。1度お試しあれ!長時間PCの画面を見続けていると、2、3年前までは気になることはなかったのにここ最近になって、目の奥のほうがモワーンとして頭痛がするようになりました。
病気を疑い眼科を受診しても眼の機能の異常はなくお疲れなのでしょうと目薬を処方されました。しかし、目薬をさしてもその場しのぎなだけでPCでの作業を再開する事で、また同じ症状がでます。
それではと疲れ目にいいサプリメントを検索するとブルーベリーとルテインが効果的というので現在そのサプリメントを取り入れた生活をしています。
今やパソコン、スマホは一人に一台の時代。手軽にコンタクトも買えるために眼に関する悩みは目のお悩みは増える一方です。特にデスクワークなどによる疲れ目の対策には、一時間に一回、短時間目を休ませたり、温かいアイマスクの使用などが疲れ目に効果的です。
スマホ画面から出る光は脳を覚醒させるので寝る前まで見ると覚醒し眠りの妨げになります。目が冴えてしまい眠りにくくなります。
私はトラックのドライバーをしているのですが、20代の目の見え方と今の見え方は明らかに異なります。
遠くにある看板を20代では見えていましたが、現在では遠くの看板はぼやけて見えて、いくぶん近づかないと見えなくなってしまいました。
なので運転中は目が疲れます。
目の疲れ予防策として、休み時間や荷物待ちの時間などを使って市販の目が温まるようなアイマスクを使用しています。これが疲れ目に効果的で気持ちよいのです。
去年の夏、白内障の手術を受けました。
アトピー性でなった白内障です。手術の日には、待機室で目薬を複数回さします。私は30代で手術しましたが、ほかの患者さんは高齢者ばかりでした。
手術の直前に麻酔の目薬をさして、手術が始まりました。
まったく痛みは感じませんが、濁ったレンズを砕くための高周波の機械は高い音が鳴り響き、レンズ交換の際には目玉をぐりぐりと触られるので人によっては怖く感じるかもしれません。
手術は片目ずつしか行えず、両目を手術する必要がある場合は期間を空けます。