視力低下の原因の一つに遺伝性のものがあると聞いたこ

視力低下の原因の一つに遺伝性のものがあると聞いたことがあります。両親が近眼なので中学生時代から徐々に視力が悪くなりはじめて、今では視力検査を受けるときは現在は視力検査の時に眼科の先生がカードを持って測ります。「0.0.いくつ」の世界なのです・・・今より悪くならないために、、作業を休む時には遠くを見るよう気を付けたりホットアイマスクを使って目の疲労を和らげり除き筋肉をマッサージするなどのケアをしています。
良くなったとは言えませんが目の疲れが取れやすくなったように感じます。
PCやスマホの浸透で眼を日常的に酷使しているのが現代人です。自分自身が気付かない間にひどく眼を疲れさせている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そのままにしておく事で、視力が低下してしまったり、頭痛や肩こりを引き起こしてしまうなど身体のいろんな部分に影響が出てきます。女性の場合、目の下のくまや血行不良など美容に関しても気がかりなものです。目は、疲労を感じる前に休ませることが重要です。目が見えなくなってしまうことはもっとも嫌なことですが、白内障になった友人がいますしはさみか何かが落ちて来て目を切った私もしばらく眼帯をつけていたことがあります。
そのような状況にはなりたくないので、日常生活でも気を付けなければいけません。目を傷つけるようなものの危険性のある置き方はしない、目が疲れないように工夫することもいいでしょう。
30代を過ぎると、目の周りの筋肉の力が弱まり、目尻が垂れるのが一般的です。
表情筋と呼ばれる目の周囲にある筋肉の衰えがその原因です特に今流行りスマホやパソコンによって目を使い過ぎる傾向にあります。長時間眺める場合は、休息を取り遠くの木々などを眺めると良いでしょう。
また、回復方法の一つとしてはお風呂で目の周りをマッサージしたり、温めたりする事になります。冷やすより温める方が、目の疲労回復に効果があります。ぜひトライしてみてください。
子供が小学生のころにやらせていたことですが、ゲームで遊んだ後は遠くの景色を見て目を休めることです。
単に遠方の景色を見るだけではなく、山の緑の木を意識を集中して見ます。
ゲームをする事で長い間近くにあった遠くを見ることによって目の緊張をほぐし疲れを取る効果があります。
5〜10分位の時間で行います。木などの自然の緑は、目の疲労を取ってくれます。
こうすることで視力低下の予防をしました。
眼精疲労は、テレビやスマホ、PCで目を酷使する現在では、防ぐのは難しいかもしれませんが、症状を軽くすることは可能です。明るい画面を凝視していると体が硬くなり緊張状態になります。そのため、眼精疲労から肩こりになってしまいます。ですので緊張をほどくためのストレッチ、画面ばかりではなくたまには遠くの景色を見たり、目を動かし運動させると違います。眼精疲労の主な原因となるのは、PCやスマホなどのLEDディスプレイから流れるブルーライトが原因で、特にスマートフォンは年齢を問わず高い頻度で使用されているため、若い人でも眼精疲労に困っているという話を聞きます。
手っ取り早く治したいなら「ブルーライト軽減シート」を貼り付け「PCメガネ」を使用する事で対策できます。
私はかつて眼精疲労にかなり悩まされましたがの2点を実行したことで症状がずいぶんよくなりました。
1度やってみたらいいですよ。それは3年ほど前の朝、「ん?新聞の字が見えない」と気づきました。
ついに老眼がきました。
文字を読むのも、ご飯を食べる時も、とにかく目の疲れを感じます。
この時以来、目を大切にし、ムダにテレビやPC画面は見ないようにし、趣味の読書も時間を決めてしたりしています。
とにかく、目をいたわっています。
寝る前は、熱いタオルを絞って、目に乗せて、温めて就寝します。
老眼による眼精疲労も良くなりました。
毎日のケアが大切です。
仕事でよくパソコンを使う近視の方だと目が疲れやすい方です。眼精疲労から回復するために、ホットタオルをまぶたに乗せて温める、遠いところに視線を向ける、眼球を上下左右に動かしたりすることも効果的です。
また、眼精疲労は目だけが疲れているというよりも、間違った姿勢による体の歪みや肩凝りも関係しているので、ストレッチをして体全体を動かし血の流れを良くすると効果があります。体全体のバランスを整える意識でやることが大切です。
今ではパソコン、スマホは一人に一台の時代。
コンタクトなども簡単に入手出来るため、安易な使い方で、眼精疲労に限らず、目に関する悩みが沢山増えています。
特にデスクワークなどによる疲れ目の対策には、一時間に一度は目を休息させ温めたアイマスクをして血流を促進するなどの対策ができます。
また、スマホ等の画面の光は脳を覚醒させてしまうため、寝付けなくなってしまします。
すきま時間に目のストレッチを行うのも効果があります。