眼精疲労はイマドキのスマホやPCで目を酷

眼精疲労は、イマドキのスマホやPCで目を酷使することは避けては通れない道だと思いますが、軽減することが出来ると思います。
明るい画面を凝視し続けていると体が固くなり、緊張状態が続きよって眼精疲労からくる肩こりなどにつながってきます。
だからこそストレッチによる緊張をほぐし、画面を凝視し続けた後眺めるだけで良くなっていきます。子供が小学生だった頃させていたのは、ゲームをした後は遠くの風景を眺める事です。
ただ単に遠くの景色を見るのだけではなく、緑が生い茂った木を特に集中して見るようにさせるのです。ゲームによって長時間近くになっていた遠くに合わせる事で強張っていた目の筋肉をほぐし疲れを取ります。時間はだいたい5から10分位です。木の自然な緑によって目の疲れが取れます。こうやって視力の低下を予防しました。私は昔から視力がよかったため、今まで目の健康について考えたことはなかったのですが、このごろはパソコンやスマホの画面を長時間見ることで、目が疲労することが増えました。年齢的には徐々に老眼鏡が必要となるころですが、なるべくこのまま視力を維持していきたいので、長い時間継続で画面を見ることは避けて、適当な時間ごとに、目を軽く閉じるようにしたり、遠くの風景を眺めてみる事を、簡単なことですが、それだけでも効果があるようです。
事務の仕事をするようになって、疲れ目が悪化しました。
以前は販売職をしていて、あまりパソコンにかじりつく作業はありませんでした。現在の業務内容はPC入力がメインで会議資料を印刷したり目を過酷に使います。首が痛んだり肩が張ったりするのは、それは眼精疲労からきていると整体で言われました。
休憩時間には10分間ほど目を閉じて休ませるようにしていますが、目の疲れは毎日積み重なっている状態です。
コンタクトの交換の為眼科へ行き受診したら医者にに緑内障と白内障と診断されました。お医者さんは、ある程度年齢を重ねたら、眼科の検診を受けることを勧めると。人間ドッグだけでは分からないこともありますからと言われてしまいました。
目も長く使用しているとほかの臓器と同じく病気になったり問題が出てくるそうです。
特に白内障は年齢を重ねるほど多く発症し早期発見や早期治療が重要だと言われました。
今は毎月のように眼科で医者からの診察をうけています。最近は良くスマホ使うようになり、ゲームなどで長時間触っていると目がかゆくなってきます。
眼精疲労だということを知りました。
酷くなると肩が凝ったり頭が痛くなる元となるようです。目がショボショボしてしまったら、自分はツボを押しています。
目頭と鼻の先に目頭の横のくぼみを挟み込むように押すのですが、ここの指圧が一番効果が高く、目がすっきりします。だらだらスマホで遊んだり、本を読んだりしていると、眼精疲労になります。
私はこういう時に目の周りのツボを押します。
約10回押してからその後しばらく目を閉じます。
そうすると疲れた目が、かなりとれます。
さらに、意識して瞬きの回数を増やします。ドライアイ対策に良いですし、視力や目を守るのに役立ってくれます。30代を越えて歳をとると目の周りの筋肉が衰え目尻が垂れてきます。その理由は表情筋と呼ばれる目の筋肉が衰えるからです。最近ではパソコンやスマホの普及したことで目を酷使する人も増えました。長時間、何かを見続けて目を酷使する場面では、休憩のときなどに、遠くの緑に目をやることもよいでしょう。
そして症状を軽減させる手段として入浴中、目の付近を温めたりマッサージすることです。冷やすよりも温める方が効果的なのでオススメです。私はトラックの運転手をしているのですが、20代の時と今では目の見え方が明らかに違います。20代のころは遠くにある看板もちゃんと見えていましたが、最近では遠くの看板はぼやけてしまいある程度近づかないと見えなくなりました。
だから、運転していると目が疲れてきます。目の疲れを防ぐために、休憩時間や荷物待ちの時間などを利用して「温かくなるアイマスク」を使用しています。
これが気持ち良く、疲れ目に効きます。
現代はドラッグストアやインターネットを利用し簡単にコンタクトも手に入る時代。その為に間違った使用方法により目の病気になってしまう人たちが増えていますね。長い時間パソコンやスマートフォンを使用で、眼精疲労やドライアイの方も急に増えてきました。近くの物を凝視しすぎると筋肉が固くなり近視の原因にもなります。
1時間に10分程度は目を休め、目のストレッチで血流を良くすると良いです。
また、蒸しタオルなどで目を温めるのもとても効果的です。