眼精疲労の症状には肩こりや頭痛吐き気などの重い症

眼精疲労の症状には肩こりや頭痛、吐き気などの重い症状から、疲れ目、ぼやけ、かすみ目など軽度から重度な症状様々です。ほとんど、ドライアイに起因するものを除いては、首から肩にかけての血行不良や、頭の重さを支える筋肉の緊張で凝ることが多いです。特に肩甲骨周りの筋肉の緊張は周辺のストレッチは欠かせません。
肩甲骨周りのストレッチは大切です。固まった首筋の筋肉をほぐし血の巡りを良くしましょう。自分は近眼で、仕事上パソコンを使うことが多いので、目の疲れを感じやすい方です。眼精疲労から回復するために、時々蒸しタオルを使い目を温めたり、遠くを眺めたり、上下左右に眼球を運動させることも効果的な方法です。眼精疲労になる原因は目だけが疲れているわけではなく、姿勢の悪さで身体が歪みを起こしていたり肩こりにも関連するため、ストレッチなどをして身体全体を動かし、血行を改善させるとより効果的です。
重要なのは体の全部が目の病気に関係することを意識することです。近頃、PCやスマホの普及により目を酷使することが日常化しています。
知らず知らずのうちに眼精疲労になっている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
そのままにしておくと視力低下の他に頭痛や肩こりなど身体のいろんな部分に影響が出てきます。
女性の場合目の下の隈や血液の流れが悪くなり、美容に関しても気がかりなものです。
眼精疲労を感じてからでは遅いのです。感じる前に目を休めることが重要なのです。現代は目を酷使している時代です。
パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは目にとても悪い影響があります。それでも現代は、これらは日常生活の必需品です。
では目の健康を維持するにはどうすればいいでしょうか。第一に悪影響から遠ざけることです。
それにはブルーライト軽減メガネというものがあります。また目が疲れてしまった際には休めることも大事です。楽なやり方として蒸しタオルで、目を温める事によって目の周りの血行を良くして、目の疲れをとります。子供が小学生だった頃させていたのは、ゲームで遊んだ後は遠くの景色を見て目を休めることです。
単に遠方の景色を見るだけではなく、山の緑の木を一点集中で見ます。
ゲームによって長時間近づいていた目の焦点をその後に遠くの景色を見ることで目の焦点を遠くにずらし、目の緊張がほぐれ疲れも取れます。
時間はだいたい5から10分位です。
木の自然な緑によって目の疲れが取れます。このようにして視力の低下を防ぎました。
現代はPCもスマホもみんな持っている時代だ。コンタクトも身近に簡単に手にするようになり、間違った使用方法で眼精疲労に限らず目に関する悩みが増えています。特にデスクワークなどによる疲れ目の対策には、60分に1度は10分間目を休めたり、温かいアイマスクの使用などが疲れ目に効果的です。また、スマホ等の画面の光は脳を刺激し、寝る直前まで使用すると目や脳が覚醒してスムーズな眠りを導くためには就寝前の使用は控えた方が良いでしょう。
空き時間を使い目の体操も効果があります。隙間時間に目のストレッチをすると効果的です。
コンタクトを変えるために病院で診察を受けたところ、医師から緑内障と白内障という診断を受けました・・・先生は年齢を重ねると眼科の検診を受けた方がいいと。人間ドッグで判断できませんよと言いました。
目も臓器の一つなので、長年使っていると何かしらの障害が発生するのですと。加齢とともに出てくるのが特に多いのは白内障で早く見つけて早く治療にかかるのが大切だと言われました。
それからは毎月眼科検診を受けています。目が見えなくなるということはとても不便なことですが知り合いに白内障にかかった人がいますし私も事故やアクシデントで目を怪我してしばらく眼帯をつけていたことがあります。
そんな状態になりたくないので常に心掛けていなければなりません。
危険なものは上に置かないようにする、安全で確実な置き方をする目が疲労しないように息抜きをすることもいいですね。
私が眼精疲労を覚えるのはパソコンでずっと作業した後や、パチンコをやっていた時です。特にキラキラしているパチンコを見ると疲れますね。
終わった後は目の疲労感はたまりません。コンタクトも使っているので、目が乾燥することもあるようです。だから眼科で頂いた目薬を使用します。それほどスッキリするものではありませんが目に潤いを与えるものだと思っています。
後は顔を洗ってから、水に目を短時間つけます。
そのあとにぬれタオルを目にかぶせます。
眼精疲労はイマドキのスマホやPCで目を酷使することは現代病ともいえると思いますが、症状を軽くすることは可能です。
明るい画面を凝視し続けると体が固まり、緊張状態になりつつあります。
肩こりなどの症状を引き起こします。解消するためには、伸びをするなどして身体をリラックスさせたり、画面ばかりではなくたまには遠くの景色を見たり、目を動かし運動させると違います。