眼精疲労では肩こりや頭痛吐き気など重いも

眼精疲労では肩こりや頭痛、吐き気など重いものから、疲れ目やぼやけ、かすみなどの軽い症状までありますが、ほとんどのドライアイが原因のもの以外は、首や肩の血行不良、頭を支える筋肉のこわばり等により凝る事が多いです。頭痛にも繋がりやすいのでこの部分のストレッチは重要です。
肩甲骨をぐるぐると回し、両腕を回して、首や肩甲骨の周りの筋肉をほぐし、血流を良くしましょう。
パソコンで作業中、目がチカチカしてきて、パソコン画面が見え辛いなと感じてきます。まぶしさは視野全体に及んで目の前のものがよく見えなくなって、激しい頭痛に襲われます。
気分が悪くなってしまいます。
眼精疲労の原因は、極度の精神的疲労と片頭痛です。
そこで私の場合の対処法は予感があったら痛みが起こる前に頭痛薬を飲んでしまうこと、精神的ストレスがたまらないようにしています。最近は発生する回数も少なくなってきました。最近は良くスマホ使うようになり、ゲームなどで長い時間使用すると目のあたりがショボショボします。
この症状が眼精疲労だということを始めて知りました。
症状が悪くなれば、肩こりや頭痛を引き起こす要因だそうです。
目がショボショボしてしまったら、私は自分でできるツボ押しをしています。
ツボの名称は晴明と言い、目頭の横のくぼみを挟み込むように押すのですが、これ最大の効果があり、目の疲労が和らぎます。私が眼精疲労と感じるときはPCを長時間使っていた時や、パチンコをやっていた時です。特に最近のキラキラしているパチンコの画面はてきめんで、またコンタクトですから、目が乾燥していると思います。コンタクトのせいで目が乾燥しているのも原因だと思います。
またコンタクトをしているので、目の乾燥もあると思います。
あまり爽快感はないですが、目が潤うと思います。
また顔を洗い、目に水を少しつけ、濡れたタオルで目を覆うようにしています。
眼精疲労の原因として、PCやスマホなどのLEDモニターから出ているブルーライトです。若い世代の人たちもスマホの普及により眼精疲労に悩んでいる…と言う話しをよく聞きますね!すぐに治したいならば、ディスプレイに「ブルーライトカットフィルター」を貼り付けて、PC眼鏡を掛けることで対策になります。
私自身以は前眼精疲労に悩んでおりましたが、「ブルーライトカットフィルター」と「PCメガネ」のおかげで、症状が緩和しました。皆さんも一度、試してみてはいかがでしょうか?失明してしまうということはたいへん悲惨なことですが私の知人にも同様に白内障になった人もいますしはさみか何かが落ちて来て目を切った私も眼帯をつけていた時期があります。そんな状態になりたくないので常に心掛けていなければなりません。危ないものを上に置かない危ない置き方はしないまた、目を疲れさせないように気分転換することも効果があるでしょう。
昨年、白内障の手術を受けました。アトピー性の白内障でした。
手術当日には、待機室で何回か目薬をさしました。私以外は高齢者の方ばかりでした。手術直前に麻酔の目薬を打って、手術台に寝て手術開始。まったく痛みは感じませんが、高周波で濁ったレンズを砕く器具を使用したり、レンズの交換のときに目玉をグリグリといじられるので、嫌な人は嫌かもしれません。手術は片目ずつしか行えず、両目を手術する必要がある場合は期間を空けます。
今やドラッグストアやネットを使って容易にコンタクトレンズが買える時代です。その為間違った使用方法によって眼病を患ってしまう方が増えていますね。
長時間のスマホやパソコン作業により、眼精疲労やドライアイになってしまう人も増加しています。近くを見つめすぎると筋肉が緊張し近視にも繋がります。
1時間に10分程度は目を休憩させ、眼球のストレッチで血液の流れを改善すると緩和されますよ!また、蒸しタオルなどを使い目を温めることもとても効果があります。視力が落ちてしまう原因の1つに遺伝があると聞いたことがあります。両親が近眼ということもあって現在は視力検査のときは看護士の方がカードを持って測っています。
「0.0.いくつ」の世界なのです・・・これ以上の視力の悪化をふせぐ為に、休憩時に遠くの山を見るようにしたり、ホットマスクで目の疲れを癒し、り除き筋肉をマッサージするなどのケアをしています。視力改善とはいきませんが目の疲れは取れやすくなったようです。
現代は目を酷使している時代です。パソコンやスマホなどの液晶画面から出ているブルーライトは目という臓器にとても悪い健康を与えております。
しかし現代の日常生活でこれらは欠かすことができません。
それでは健康な目にするために何ができるでしょうか。
はじめに悪い状況から目を守るということです。それにはブルーライト軽減メガネを使用する方法があります。また、疲れてしまった目を休ませることも大切です。簡単な方法としては、温かい蒸しタオルなどで目を温める事によって目の周りの血行を良くして、目の疲れをとります。