目の健康に関しては私達はこれまで

目の健康に関しては、私達はこれまで以上に気をつけなければなりません。
理由はスマホに依存している方がとても増えているからです。しかも意識せずになっている場合が多いです。
現代人は当たり前のようにスマフォを手にしていて、症状を自覚することもなく、目が悪くなる状態が進行しています。
そして昔と比べると自然も少なく、パソコンやスマホばかりに目を向けることが増えたので、結果目は悪くなる一方です。現代人は目を酷使しています。
パソコンやスマホなどの液晶画面から出ている目にとても悪い影響があります。
しかし、今やこれらの道具は生活に欠かせません。
いったい私達は目の健康のためにどうしたらよいのでしょう。
第一に悪影響から遠ざけることです。
そのためにブルーライト軽減メガネというものが売られています。
また眼精疲労を抜いてあげることも大事です簡単な方法は蒸しタオルなどで目を温める事によって目の周りの血行を良くして、目の疲れをとります。
仕事でよくパソコンを使う近視の方だと目が疲れやすい方です。眼精疲労の回復のために、ホットタオルをまぶたに乗せて温める、遠いところに視線を向ける、眼球を上下左右に動かす運動も効果があります。
更に、眼精疲労は目に症状が出るだけではなく、普段の姿勢や体のゆがみ、肩こりなどが関係しているため、ストレッチを行い、体を動かして血の流れを良くすると効果があります。全身のバランスを整える気持ちで行うとが大切なのです。
スマホを長時間見たり、本を読んだりしていると、目が疲れます。
そんな時は、目の周りのツボを押すようにしています。
10回ほど押して、その後は目をしばらく閉じます。すると疲れていた目が、かなりとれます。
他にはまばたきを意識して行います。
ドライアイの予防になるほか、目や視力の保護にもなります。目を健康に維持していくには、第一に自分の目に病気、トラブルを持っているかを理解しておくことが重要です。
私はコンタクトレンズを使用していますが、追加で購入する際には必ず眼科検診をお願いします。
診察では目に異常やトラブルなど変わったところがないかを診てもらえます。また、度数が合わないレンズを使用することで眼精疲労の原因になります。
定期的に眼科検診を受けることで、目の健康に気をつけるようにしています。
眼精疲労の件ですが、テレビやスマホ、PCで目を酷使する現在では、多くの人の悩みの種となっていると思いますが、軽減させることは可能だと思います。
明るい画面を凝視し続けていると体が固くなり、緊張状態が続きその状態と眼精疲労から肩こりなどにつながります。
緊張をほぐすためにストレッチを行ったり、画面ばかりではなくたまには遠くの景色を見たり、眺めるだけで良くなっていきます。
子供が小学生のころにさせていたのですが、ゲームを使った後に遠くものを見るということです。
ただ単に遠くの景色を見るのだけではなく、緑が生い茂った木を特に集中して見るようにさせるのです。ゲームをした事で長時間近くにあった目の焦点をはるか遠くに動かす事で、目の周りの筋肉をほぐして疲労を取ります。
5〜10分位の時間で行います。自然にある緑の色は目の疲れを取るのに有効です。
このようにして視力低下を予防しました。
パソコンで長いことネット記事を読んでいると数年前まではなんともなかったのに、ここ最近目の奥のほうがモワーンとして頭痛がするようになりました。
眼科で診療しても異常はなく疲れてますねと目薬をいただきました。しかし目薬をさしても一時しのぎのようでPCを見ているとまた目が重くなります。いろいろ検索して目に効果のあるサプリメントとして、ブルーベリーやルテインが効くとのことでそれらのサプリメントを飲んでいます。
元来視力が良い方なので、これまで目の健康について真剣に考えてみたことがなかったのですが、近頃、パソコンやスマフォの使いすぎで、目の疲れを感じる事が多くなりました。近々老眼鏡が必須になってくる歳ですがなるべく今の視力を保ちたいので、長時間続けて画面を見ることは避け、たまに軽く目を閉じたり視点を遠くにしたり近くにしたりすることを気を付けています。
手間の割には結構効果があるようです。3年くらい前の朝に、「あれ?新聞の文字が読みづらい」と感じたのが始まりでした。ついに、老眼です。
文字を読んでも、ご飯を食べてもすごく目が疲れます。
その日以来、なるべく目を大切にして用事がない時はテレビやパソコンも見ないようにし、趣味の読書も時間を決めて行い、なにより目を大事にしています。
寝る前には熱いタオルを目に乗せ、温かくしてから寝ます。毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。